離婚問題≪解決の流れ≫

離婚の流れ

裁判離婚の流れ

(1)協議離婚 不成立→(2)調停離婚 不成立→(3)裁判離婚

  • ※当職の事務所では、はじめに簡単なアンケートを記載していただき、全体像を把握いたします。
  • ※いきなり裁判をすることはできません。まずは調停をおこないます[調停前置主義]
  • ※裁判離婚が認められる為には法律上の事由が必要です。[民法770条1項1号ないし5号]
    「単に離婚したいから」では認められません。

財産分与

婚姻した後に2人で築きあげた財産を分ける制度です。
主として

  • (1)いかなる財産があるのか(一番重要な点です)
  • (2)財産取得にどれだけ貢献(寄与)したのか

の2段階で判断されます。

  • ※『○○銀行・・支店』は分かっているが、現時点の残額や、過去の履歴が分からないという場合でも調査可能です。
  • ※過去に当職が扱った案件には、2,000万円以上の財産分与が認められたこともあります。
    慰謝料よりも財産分与の方がより高額になると感じています。

親権

子を持つ親であれば一番の心配事であると思います。
主として

  • (1)誰がどのように監督しているか(してきたか)
  • (2)子の年齢(幼児であれば母親等)

で判断されます。

勿論、形式的、画一的に決まるわけではなく、個別・具体的事情で判断されます。

  • ※当職が過去に扱った事例の中でも子2人(小学生低学年とそれ以下のこども)がありましたが、父親が親権者となったものがありました。

慰謝料

通常の民事訴訟と基本的に同様です。
上記の問題につき、事案の特殊性に応じ、アドバイスをさせてもらいながら、より良い結論を出せるよう、協力させていただきます。

  • 離婚問題・相談費用について
  • お問合せ・無料相談のご予約はこちら

ページトップ

お問合せ 電話番号048-599-0817

お問合せ

債務(借金)整理・離婚問題・不動産トラブル井野和幸法律事務所

  • 〒360-0041
    埼玉県熊谷市宮町2丁目174-3 島山ビル2F
  • [営業時間]
    平日9:00~18:00
    ※ご予約いただければ、平日23時まで相談可能です。
    平日ご都合の悪い方は、事前予約により土・日・祝日も相談に応じます。
  • [電話番号]
    048-599-0817
  • 会社案内
  • アクセス

公式モバイルサイト QRコード